1. ホーム
  2. > 看護師になりたい方へ

医療関係者向け情報

医療職求人、就職サポート

看護師になりたい方へ

活動レポート

ヘルシー名古屋

ドクター'sギャラリー

臨床試験ネットワーク

地域産業保健センター

名古屋医師会急病センター

名古屋医師会看護専門学校

名古屋市医師会在宅医療・介護連携支援センター

看護師になりたい方へ

看護士になりたい方へ

見習い看護師

准看護師

高等学校・衛生看護科・准看護師養成所の先生方へ

看護師になりたい方へ

医療従事者の仕事は昔から「聖職」と言われています。
病める人たちへの深い愛情と、その命を守る責任感と勇気のある行動が、その尊い仕事の支えとなります。

現在、看護師になるには大学の看護学部・各種専門学校など多様な道が用意されています。

名古屋市医師会ではその中から3月に高等学校・准看護学校を卒業し、名古屋市内または名古屋市近郊の医療機関において働きながら看護師免許・准看護師免許の取得を目指し、看護専門学校(名古屋市医師会看護専門学校・名古屋市立中央看護専門学校)に通学する方をサポートしています。

ここからはじまる、看護師への道

1.名古屋市医師会看護専門学校であなたの夢を実現しよう

名古屋市医師会看護専門学校は、みなさんが直接進学できるコースとして准看護科(定員40名※申請中)、第一看護学科(定員80名・看護師3年課程・昼間定時制 修業年限4年)があります。
その他に名古屋市立中央看護専門学校看護第二学科(定員40名・看護師3年課程・昼間定時制 修業年限4年)もあります。

2.准看護師からの進学コースがあります

名古屋市医師会看護専門学校(准看護科)を卒業した後、進学コースとして働きながら通える同校第二看護学科(定員80名)へ進学できます。

3.推薦入試(第一看護学科、准看護科)から一般入試(第一看護学科、准看護科)受験の場合は、受験料免除になります

推薦入試が万一不合格になっても、同一学科の一般入試は、受験料免除で受験できます。
※ただし、推薦入試出願時に一般入試必要書類も同時に提出した場合のみ。

4.入学時に必要な費用は、就職する医療機関から借り受けることができます
また、医師会規定の奨学金制度(第一看護学科・第二看護学科入学生)も一部の医療機関で実施しています

就職するすべての医療機関で入学時の必要経費のみ本人の希望により借り入れることができます。また、第一看護学科・第二看護学科に入学する方は、一部の医療機関で奨学金制度を実施していますので、少ない負担で入学できます。なお、奨学金制度の利用を希望される方は卒業後一定の条件があります。詳細は担当者までお問い合わせください。
※その他、愛知県が実施している奨学金制度等もあります。

5.働く医療機関は、多数あり選択することが出来ます

大きな病院から小さなクリニックまで、また内科・外科、眼科、産婦人科など希望の診療科から選択することができます。

6.卒業まで、サポートします

名古屋市医師会では、学生・生徒の皆さんが応募してから免許の取得ができる日まで、相談を始め労働条件・福利厚生の改善向上などの仕事を専門に担当しています。
就職後に生じた対人関係等のトラブルや、その他の理由で止むを得ず配置転換の必要が生じた場合は、担当者が皆さんの相談に応じています。

その他詳細は以下をご覧ください
見習看護師准看護師

担当部署

情報・会員サービス課 会員サービス係